全国古民家再生協会、全国会員大会

東京で開催される古民家再生協会、会員大会に参加して鹿児島に帰る前に

東京都町田市の旧白洲邸(武相荘)に3回目ですが寄って来ました。

何度来ても刺激を受けます。

今回は、ご夫婦が趣味を楽しんだ工作室がレストラン&カフェとしてリニューアル

された、レストランで、次郎の親子丼とビールと海老カレーどちらにするのか

迷いに、迷った結果、ビールと海老カレーに決まりました。さすがにうまい。

次回寄るときは、次郎の親子丼かオムライスで悩むことでしょう。(笑)

ここは、バーの入口です、古民家の良さを十二分に醸し出された、ご夫妻に感動します。

 

 


ジャパトラ2・3月号

日々だいぶ暖かくなってきましたが、ジャパトラ2・3月号のご案内です。

 

二つの表紙からも春に向けた季節の移り変わりが感じられます。

弊事務所近くの公園の桜も、連日の雨にも拘わらず桃色豊かに咲いていました。

尚、今回ジャパトラ2月号おきましては、鹿児島県の木造空き家簡易鑑定士の方が紹介されていますので、ぜひお手に取ってご覧ください。


イタリア料理の美味しいお店

鹿児島中央駅から歩いて数分のところに、気軽に美味しくイタリア料理を楽しめるお店があります。

その名も、Bisboccia(ビスボッチャ)。

先日、数年ぶりに友人と急遽食事に行かせて貰いました。

実は、このお店のオーナーご夫婦、まだ弊社が開業して間もない頃、このお店のリノベーションを施工させて頂いたお客様なのです。イタリア国旗にも象徴的な緑色を基調とした佇まいのまま、この日はオーナーご夫婦とスタッフの方が、変わらず美味しいお料理を振舞っておられました。

ただ一つ変わっていたものが、、、それは床です。

写真では少しわかりにくいかもしれませんが、飴色よりもずっと濃い床にお気づきでしょうか。

このお店の床は、弊社のご提案と施主様のご希望により、無垢材の床で無塗装の板を使用しております。

無垢材・無塗装の床は、使い込むほど深い色合いを増していき、時間の経過と共にその色は変化していくのです。

深みを更に増した床が醸し出す雰囲気の中、現在も変わらず、お店を営んでらっしゃる風景に新鮮で懐かしくも嬉しく感じました。

今回は、ランチを頂きましたが、又いつか夜にもお邪魔させて頂きたいと切に願います。

イタリアの大衆食堂をイメージされてるとのことで、まさにその名の通り、気軽にそしてリーズナブルな価格で本格的お料理が楽しめますので是非お勧めです。

(ちなみに、当時のリノベーション時のbefore〜afterは弊社ホームページのリノベーション内にて掲載しておりますので、宜しければご覧ください。)

 

 

 


平成の大工棟梁検定in岡山

11月6日、岡山職業能力開発促進センターにて『平成の大工棟梁検定』が開催され、検定員として行って参りました。

皆さん、一生懸命、課題に真剣に取り組んでいます。今回は女性の方も奮闘しておられました。

伝統工法を支える技術だけにとどまらず、大工棟梁としての知識や心構えも問われる大工棟梁検定。

一般木造住宅の建築様式の変化に伴い、職人技の継承が懸念される中、非常に貴重な機会ではないでしょうか。


ジャパトラ11月号

ジャパトラ11月号です。"ジャパトラ”は、古民家にまつわる情報や知識、施工事例などが満載のとても読み応えのある古民家情報誌です(初めてブログに載せます)。

今月の表紙は、目を引くような秋らしい鮮やかな風景写真です。

毎月発行され、とても実になる情報誌ですので、これからも定期的にご紹介させて頂きたいと思います。

↑弊事務所にディスプレイされている植物です。

ジャパトラ表紙の鮮やかさとは対照的ですが、一応秋めいてはいます。

付け加えますと、今月のジャパトラ表紙は古民家フォト甲子園の過去の応募作品でテーマは「対照」だそうです。

対照、、、重なりました。

ジャパトラ、もしご興味のあられる方は、ぜひお手に取ってご覧ください。


2年連続入賞〜「第28回住まいのリフォームコンクール」企画賞

この度、鹿児島県住宅・建築総合センター主催の「第28回住まいのリフォームコンクール」にて企画賞を受賞しました。

タイトルは「暮らしに溶け込む茶室」。過日、”RCと古材と和室”という記事にて紹介した物件です。

昨年の理事長賞に引き続き、2年連続の入賞となりましたが、やはり表彰は緊張するものです。

これもひとえに、皆様のご協力があってこそと思っております。

関係業者様はじめ、支えていただいた全ての皆様方に感謝します。

有難うございました。

ちなみに弊社大城は右から3番目ですが、その右隣も大城さんです。

偶然にも、親戚と共に有り難く入選でした。

 


新築のお客様1

約20年ほど前新築させていただきましたお宅へメンテを兼ねて伺いました、

新築した当時よりいい雰囲気で心地よい空気がながれていました。

お茶一杯のつもりがなんと3時間もお邪魔してしまいました、家のこと大事にされて

いるんだなーと思い、とてもうれしくなりました。

玄関と客間に入る土間は三和土を使い平板の陶器を埋め込んでいます。

またポーチの柱は自然石の上に光付けにより取り付けてあります。↑

客間は土間から外出られます。客間の降り口に自然石を設置しています。

 

季節感を感じさせる「しつらい」に感動します。


第3回平成の大工棟梁検定(大阪)編

今年も平成の大工棟梁検定が始まりました。

日本のものづくり文化を支える伝統技術の継承を熟練の大工と専門機関がサポートします。

今年のスタートは、だんじり岸和田 近畿職業能力開発大学校で開催されました。

私は実技検定員として参加して来ました。

この日は台風21号の影響で関空閉鎖・新幹線で駆けつけました。

検定は、午前中は座学です、しっかり学んでいますね、午後から実技検定になります。

全国から古民家再生協会及び新民家推進協会の会員検定員が10名ほど参加しています。

午後からの実技検定が始まりました↓

今年は、北は北海道から南は宮崎まで16会場で実施されます、私は、そのうちの4会場

での実技検定に参ります。会場は全国のポリテクガレッジ、ポリテクセンターで開催

されます。目指せ番匠師(番匠師とは、昔の大工さんのこと)


RCと古材と和室(改修) 完成2

小さな水屋も出来上がりました。

後は茶道具がそろえば、お点前ちょうだい いたします。(笑)

 

この通路が茶道口になります、ちょっと せまかったかな〜

 

この壁に上からの設備配管を収納しています。おもしろい壁になりました
コンクリートと和室もいいですね。


RCと古材と和室(改修) 完成1

古材を使用した和室完成です。

鉄筋コンクリート造の内部に和室と水屋と茶道口を作りました。

床の間です。

照明を少し落としてみました。コンクリートの柱が不思議ですね。

右側の障子は雪見障子です。

入口のふすまの色は、銀色です、違い棚の材料は,イチョウの古材板です、

また地袋の鴨居は、ケヤキ・床板は松で敷居・框はおそらくブナの古材です。

照明を明るくしました。

和室はいいですね、なんかホッとして、ごろんと寝ころびます、なぜだろう?


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
株式会社 建築工房Work・Space
http://k-ws.info/
selected entries
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM